続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼちぼち更新
なかなかパソコンにゆっくり触れる機会がなく
だいぶさぼってしまいましたがぼちぼち更新していきます。

赤ちゃんはすこし重くなった気がします。
ほっぺたが垂れてきてしまいました
手や足を使っていろんなものを払いのけるようになりました。
泣き声も日増しにパワーアップ。
おとなしいいい子だったのに・・とちょっとショックですが
まあ・・順調に育っていっていると思われます。

夫の夏休みが終わり、明日から日中ひとりです。
さて・・だんだんと自分のペースで育児をやっていくとしましょう。

そうだ、夢クリにブルーレターを出さなくては!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(後日付け足しのひとりごと)

ここを育児日記のようにしてしまったら
誰かの気分を害するんじゃないかな・・とちょっと思ってました。
その予想が当ってしまったのか
赤ちゃん待ち中でうんと頑張ってるお友達のうちのひとりが
いつの間にか私とやりとりできる場から消えてしまわれ
・・多少気落ちしております。
気持ちはわかるんです。
私もこういったものは読めなかった口なので。

これからも変わらず応援していたかったけれど
こっそり見守ることももう適いません。
そういう気持ちも迷惑にしか受け取られなさそうです。
なんというか・・切ないなあ・・なんて感じています。


スポンサーサイト
本来の出産予定日
我が家の赤ちゃんが生まれて15日が経過しようとしています。
予定日は本日でした。自然分娩であれば今日あたりが誕生日。
赤ちゃんは大きくも小さくもなく・・
また特に異常もない状態で出てきてくれたので
二週早く出てきてくれて、ちょうど良かったような気がします。

すっかり当たり前のようにお座布団に寝ているちびさんを見ていると
こんな大きさの(まあまだ小さいのですが)物体がお腹にいたことだとか
予定日が今日だなんてこと・・もうとても考えられません。
「ねえたまちゃん(胎児名・・というか卵名)ほんとに私のお腹にいたの?」
なんてしょっちゅうつぶやいてます。
なかなか戸籍の名前で呼べません。まあそのうちに。

・・一緒にマタニティスイミングに通っていたN子さん・・
たしか私より二週あと。予定帝王切開のはず・・。
術日がいつか伺ってませんがそろそろでしょう。
どうか無事に出産されますように。
退院してまいりました
18日に退院いたしました。
ただ小さい人の「おっぱいおっぱい」攻撃と
シルバーウィーク+オット夏休み取得のため
落ち着いてひとりでパソコンにむかうことが全くできません。
お産の記録をつけたいのに頭から抜けていきそう・・。
今少しチャンスができたので覚書です。

入院した日に前駆陣痛というのを経験しました。
NSTの機械にかかりながら
NST
前駆陣痛中じゃあまり意味ないかな?と思いつつ
治療中の仲間のためのおまじないとして
なんとなく富士山の絵を数枚描いてみたりしました。
助産師さんが
「今日はお産が立て込んでるからもうちょっと待って」
とお腹の赤ちゃんに言っていたのが面白かったです。
お腹の赤ちゃんはちゃんと言うことを聞いたようで
慌てて出てきたりはしませんでした。

出産当日もお産が立て込んでいたようで院内バタバタしていました。
予定帝王切開組は緊急の人に抜かされてしまいます。
昼の予定がどんどん過ぎて・・「あのーお腹が空きました」なんて
点滴をしてもらう妙に手術慣れした私・・。

術前の説明で医師に「横切りにしてください」と言いました。
不妊治療で太り、二度も手術でちょこちょこ穴を開けられ
これで縦に目立つ傷をつけられたのじゃ
女性として悲しすぎる・・なんて思ったためです。
「二人目産む時には縦にしか切れなくなっちゃうかもしれないけど
それでも横にします?」
とあまりいい顔はされませんでした・・。
先生・・二人目だなんて簡単に言ってくれるけど
陽性までもっていくのってそれはもうものすごく大変なんですよ・・。
(その先が大変な人だっていっぱいいる・・)
なんて思い少々不機嫌に。

で、手術です。帝王切開の半身麻酔は
思っていたよりも痛い感覚がしっかりありました。
(部分麻酔の採卵も他の人より痛がった私、
痛覚が鋭いのか薬の効きが悪いのか・・)
いろいろ思い出すこともあったため、術中は
ずっとだらだらめそめそ涙を流しておりました。
麻酔医が心配したのか追加で薬を打ってくれたようで
二人の医師の話す声があまり聞こえなくなってしまいましたが
意識はずっとしっかりありました。
手術の時間は一時間ちょっとくらい。
(通常はもっと短いはずです。
私は出血が多く癒着もひどかったので処置が多かったよう)
赤ちゃんは前半15分もしないで出てきました。
紫色のぬるぬるした物体を近くで見せられ感動よりも正直ぎょっとしました。
泣き声でしっかり生きていることはわかったのですが
大丈夫なのかしらあんな色で、と少々不安に。
(「紫ちゃん」はすぐに「赤ちゃん」に変貌。
生まれたてはそんなものだと助産師さんから説明してもらいました)
処置がまだまだ続きそうだったので
赤ちゃんを外で待っている家族に見せたげてくださいとお願いし
自分はお腹をいじられながらこれでついに不妊が終わったんだ・・
と今までのことを思い返していました。
あとで知りましたが赤ちゃんの逆子は直前に直ったようだとのこと。
NSTの最中に急に聴こえなくなった瞬間があったので・・あの時だな、と。
すこし下めに切ってよかったなどと言われました。

・・だらだらと長いですね・・ちょっとはしょりましょう。
さて何を記録しておこうかな・・。

手術当日の夜は母子同室を無理にしなかったこと
おっぱいマッサージがひどく痛く母乳育児を諦めそうになったこと
個室に移ることができ嬉しかったこと
個室
二年以上も会っていない夫の母親がやってきて三時間も居座ったこと
これから先の付き合いを考えてひどく憂鬱になったこと
突然胸がずん、と重くなりミルクタンクになったのがわかったこと
搾乳がすこしずつできるようになり面白くなったこと
搾乳
あまりにおっぱいが張るので「おっぱい食」という特別食にしてもらったこと
(ものすごく薄味で健康的でした)
おっぱい食
不妊から妊婦仲間、夢クリ仲間が訪ねてきてくれて嬉しかったこと
検査したところによると赤ちゃんはしっかり耳が聴こえるようだ、ということ
「母乳実感」の哺乳瓶に「母乳相談室」のSS乳首をつけることが可能だということ

出産して10日ほど過ぎた現在思っていることは
悪露っていつまで続くのかしらん・・(まだしっかり赤いのです)や
しょっちゅうおっぱいのませてるけれど足りてるのか多すぎるのか
どうやったらわかるんだろう?赤ちゃん用はかりを買うべき?や
HIBワクチンうまく打たせられるだろうか?なんてことです。
(一応生まれた産院でやってもらえることはわかりましたが
予約するのとスケジュールを組むのが大変そうなのです)

赤ちゃんはとてもかわいくて・・ここに存在している、ということ自体が嬉しく
どんなに怪獣になってももう嫌!なんてことは今のところ思いません。

泣き出しかけているのでかまってきます。
おっぱいかな・・。
(おっぱいの傷にはランシノーという軟膏がオススメです。)

こちらのブログは出産までの記録にするつもりでいたのですが
とりあえずひと月は続けようかと。
また別に育児ブログを立ち上げるかもしれません。

ひとまずお礼を・・
これまでずっと応援してくださった方、有難うございました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
産院より3
気にして下さった皆さん、有難うございます。
明日、退院いたします。
コメントのお返事や出産記録のアップは帰宅後させていただきますね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

はじめまして
日曜と水曜、夢クリ友達が訪ねてきてくれました。
夢クリの子よ、と紹介。
こちらの皆さまにもご挨拶させますね。
(ご覧になりたい方のみ「続き」をクリックしてください。)
続きを読む
産院より2
昨日予定通りに出産いたしました。
3000gをすこし超える男子です。
母子共に無事です。

今は術後の痛みでまったく余裕がないため
ひとまずご報告のみで失礼させていただきます。

長く応援してくださった方々、本当にどうも有り難うございました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

産院より
無事(?)入院いたしております。
満床とのことで希望の個室には入れず
今も同室者の赤ちゃんの声で眠れやしませんが
なんとかここまで行き着いたこと、
しみじみ幸せに思います。

眠れないので覚え書きなど。
◇今日したこと
・総合受付にて入院手続き
・空き部屋がなく分娩室にて待機
・書類、母子手帳等提出
・尿検査、体重、血圧チェック、NST
・ヒアリング(既往歴やら出産、育児についての希望やら)
・剃毛
・病室(四人部屋)へ移動
・今後のスケジュール説明
・夕食
・シャワー
・検温、再NST
(お腹の張りがすこし問題だったよう)

助産師さん達が妙に慎重で多少気になりましたが、
緊急帝王切開になることなく夜を迎えています。

◇明日の予定
・六時起床→NST→シャワー
・前開き寝巻き、血栓防止ストッキング着用
・点滴
・9時頃、夫と共に手術の説明を聞く
・順番がくるまで待機

余裕ができたらまたご報告いたします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

37w おたおた入院準備中
メッセージやアドバイスくださっている方
ほとんどに返信できていなくて申し訳ないです。
入院して落ち着いたら携帯からご連絡します・・って
そっちの方ができそうにないかな・・うーんすみません・・。

まだ37wではありますが出産まで残り数日になりました。
・・あと一体何がいるだろう・・
どうやって運ぼう・・とおろおろしている状況です。
(妙な産前うつ状態からは無理やりなんとか脱しております・・)
手術の準備だけならもう三度目なので問題ないのですが
(挙子目的で小さい筋腫を取ったり水ぶくれの卵管しばった経験アリ)
今度の帰りは赤ちゃんがいる、となると未知の世界なのでうろたえております。
想像してみてはわけがわからなくなり結局あまりすすまない・・。

予定帝王切開でもこんなに落ち着かないのだから
いきなり入院する方だったらどんなに大変でしょう・・。

パジャマ何着いるだろう・・洗濯できるんだろうか。
今の時期の病院内って半袖長袖どっちがいいの?
二年以上会ってない夫の親が来る・・・
見苦しいすっぴんを隠すのにコンシーラー塗ったら助産師さんに怒られるかな。
コンタクトか眼鏡しないと全然見えないけど術中コンタクトは禁止だっけ・・。
おっぱいグッズ・・あれれどうしてこんなにたくさんあるんでしょ・・。
いろんなものを並べてみてはあれこれ考え途方にくれております。
必要かも、と思うものが大きな袋に4つほどできてしまいました。
個室が空いてなかったらおそろしく邪魔になること間違いなし。
これから分別していきましょう。まあなんとかなるでしょう。

持ち込む予定のDS-iにバレエ音楽などがさがさいれてみました。
でも聴いたり聴かせる余裕なんてあるのかな・・?
痛がりな私のことだし・・なさそうな気がします。
はてさてどうなりますことやら、です。

数週間前までは余裕で準備できるつもりでいたのだけれど
恥ずかしながら大慌て、です。
あーブルーになってる場合ではなかったあ・・・。

今夜中にバースプランを作成予定。
・・何書きましょうね・・・。
(夫の親を部屋にいれないで、っていうのはアリ・・?)

皆様はどうぞそれぞれに良い日々をお過ごしくださいませ。
またご報告いたします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
37w0d 最後の妊婦健診
最終日の今日は三週前にかかった自信満々でおしゃべりな
ちょっと偉めの?先生を再指名。
(逆子の場合の帝王切開は足引っ張れるからラクだ、と言った先生です)

先生、開口一番「どう?直った?」
え・・?なんのこと?私の不良だった体調?それとも逆子?
医「そんな感じある?」
どうやら逆子のことのようでした。
相変わらずわが子はひっくり返っておりますが・・
でも先生この前直さなくていいっておっしゃいましたよね・・?

お腹の中のようすは順調で・・特に何の問題もなさげでした。
どうやら私は不妊治療経験+手術経験もある「高リスク妊婦」の中においては
有難いことにかなり「低リスク妊婦」であるようです。
妊娠するまではやたらめったら時間がかかりましたが、
陽性反応後はほぼ何事もたいへんなことなく順調にすすんでこられました。
一体何がよかったのかな・・?無理をしなかったことかも。

外診中
医「うん、2,800ってとこかな。よく動くね。」
私「狭いと思うんですけど・・はいけっこう動いてくれます」
医「まあ羊水もたっぷりあるようだからそう狭くもないよ。」

内診中
医「うん、臍の緒落ちたりもしてないね。」
お尻が見えました。

もうあとちょっとでコウノトリ待ち期間中ずーっと大嫌いだった
内診のしんどさからもおさらば、です。これは本当に嬉しい。
今日の先生は器具を入れる時「覚悟はいい?」なんて
言ってくれるのがおもしろかった・・。

本日の私の数値はこちら
子宮底長・・・33.5cm 腹囲・・・90.5cm 血圧・・・121/76
浮腫なし 尿蛋白- 尿糖- 体重+0.2

医「これでもう今日はおわりだけど何か質問ある?」
私「・・あのー・・NSTってしないんでしょうか?」
医「ん?やりたい?」
私「(あれ?不要なの?)あ、いえ・・えーと・・変でしょか?
どんなのかなってちょっと興味がありまして。」
医「じゃあやっていこうか(笑)。入院したらやるけどね。時間ある?」
私「はい~」

そんなわけで・・やってきました。
NST
うつりが悪いですがこんな医療機器の前に座ってきました。
邪魔にならない音楽がかかる暗めの部屋でお腹に何やらセットして
赤ちゃんの心音と子宮の収縮度合を計ります。
この結果でも何の問題もないとわかり、満足でした。

たぶんこの機械、私がそう大きくもない子宮筋腫を切除する
手術をした時に同室だった妊婦さん達が毎日使って
計っていたものと基本的に同じものだと思うのだけれど
・・・何よこれ・・いいのは音が消せるんじゃないの・・
なんて思いました。
あの時心音を聞かされるの・・しんどかったな・・。

ぼやぼやといろんなことを思いながら
産院を後にし、近くにある区役所へ。
困った時に支援してくれるところの情報を得てきました。
あるところに登録して会費を払えば時給700円程度で
家事その他のお手伝いをしてくれる方を派遣していただけるようです。
いざという時のために登録しておくのはいいのかも。
・・でも
知らない人を家にいれていろいろ触られるって
引越しのらくらくパックが辛かった私の性格的には
かなりしんどいのではないかという気がちょっとします。
登録、どうしましょうね・・。

おまけ
スープランチ
本日のひとりランチ。
この界隈にほんのすこしだけある小洒落たお店にはいりこみました。
もうこういうのもしばらくおあずけと思われ。
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
37W 突入。
ここのところ妙な「産前うつ状態」でじっと寝てばかりいましたが
(心配してメール下さった方々すみません有難うございます)
そんなことしている間に正期産にはいりました。
おめでとう、私。
予定通りならば来週の今頃はもう術後で・・おそらく痛がっている予定です。
なんだかここまでずいぶんあっという間だったような。

妊婦期間は不安もありましたが楽しい期間でした。
こういう待ち時間ならいくらでもあっていいのに、と
うんざりするほど長かったコウノトリ待ち期間を思い返しています。

今日はまた産院へ行ってまいります。予約取りました。
数秒で11人もに押し負けて敗北感の中にいます。
この番号だとえーと・・何時に行けばよいの?・・だいぶ変わりそう。
今日で妊婦健診は最後です。
普通の人より二週間前に産んでしまう私、補助券二枚余ります。
これ産後の健診にも使えないものかしらん・・。

さて、ぼつぼつでかける準備をします。・・歩けるのかな?
皆様はどうぞそれぞれに良い一日をお過ごしください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。