続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5W6D BT22
今日も無事でした。よかった。
5W1D で8.8mm(平均より小さい)だった胎嚢は
5日で20.1mmなんて大きさになっていてびっくり。
こっそりのんでいる葉酸のおかげ?
あ、ちなみに私が参考にしている数値はこちらです。

E2・・・566
P4・・・1.5

本日・・院長はちょっと(だいぶ?)ご機嫌斜めでした。
けっこうな混み具合だったから・・かな?
採卵、院長の担当だけでも15人はいらっしゃったようです。
問診表に出血と書いても寝させていただけなかったのは
ベッドの空きが全然なかったからだと思われます。
5日分の薬袋と7日分の薬袋が混じって入っている!と
こんなこと前もあったぞ!と看護士さん達を怒ってらっしゃいました。
夫が「今日はいいや」と診察室に入らなかったのは正解だったかも。

今回、内診で見たことのない画面をちらっと見ました。
たぶん心拍を確認しようとされていたのだと思うのだけど
はっきりしたことが言える段階じゃなかったのでしょう。
院長は無言、でした。
出血はあるけれどそれほどたいしたことはない様子。
数値も問題なさげです。ジュリナが一つ減りました。
看護士さんにプロゲデポ125単位を打たれながら
「安静にできてますかー?」
「はい。退屈です・・」
なんてやりとりをして終了。

本日のお会計:10,785円

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。