続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいとばて気味2
詳しくは申せませんが気持ち的にばてております。

不妊治療のしんどさをろくに知らない人との会話はほんとに疲れます。
知らないのにわかるなんて軽く言う人が一番厄介です。
(そういう人にちょっと嫌だなんてこというとすぐ被害者の顔をするのです・・はあ・・)

もう妊娠したのだから普通と一緒
なんて言われる場合もよくありますが・・
それは違うと私は声を大にしていいたい。
体の変化は同じかもしれないけれど・・気持ちは全然違う。
ちょっとしたことで不安になったりするし、
ほんのちょっとしたことがものすごく大きな喜びだったりします。
もう忘れなさいと言われたりもしますが
冗談じゃありません。あのしんどかった長い年月を忘れられるわけがない。
不妊だったことは私のアイデンティティのひとつ。

治療挑戦中で頑張ってる方や諦めざるをえなかった方にいろいろ言われたり
思われたりするのは全く問題ないのですが・・(私もそうでしたし)
親切ぶって適当な意見や常識論?を押し付けてくる人・・ほんとに勘弁してほしい・・。

何があった?
・・いや・・えーと・・まあ・・いろいろと。

このようにぐちゃぐちゃ思い、これはまずいと睡眠に逃げていたりしますので
ブログ訪問やメールのやりとりなどお付き合いにムラが出ております。
どうぞご了承くださいまし。

「優しいママ」はまだはるかかなた。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。