続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親学級でした
土曜は産院の両親学級に参加し
「自然分娩での出産」について教わってまいりました。
その産院でお産をされた方の実際の映像なども見せてもらえ
それなりに非常に興味深くはあったのだけれども
予定帝王切開の私にはあてはまらないことなのですよね・・。

帝王切開は手術。
陣痛の時間をはかったり、口が開くまで運動をしたり、
隙をみて食べたり寝たりする必要はまったくないのです。
半身麻酔して切って出してもらう。
夫が立ち会うことはありません。
(入れてもらえる病院もどこかにはあるらしいですが)
まあ私は別に立会いの希望はなかったけれど
半身麻酔で様子を見ることができてしまうのは少々こわい・・・。
どうせなら全身麻酔でわからないうちに終わって欲しいような。

助産師さんに不安でいろいろ質問している新米ママ達や
わかんないけど手伝うぞ!立ち会うぞ!と張り切っている新米パパ達を
なんとなく羨ましいようなそうでないような気持ちで
ぼんやりとながめた両親学級だったのでありました。

自分には無関係な分娩室をのぞかせてもらったあと
このままじゃなんとなく今日参加した意味がない気がするなと
入院する個室というものもついでに頼んで見せてもらいました。
個室のグレードで迷っています。
トイレ付きは絶対条件。シャワーが付いている必要は・・あるのかな?

終わってからベビーザラスなどぐるぐる徘徊し、
駐車料金を無料にするためにおそらくもう足りているであろう
新生児用肌着やらを購入。(しっかり男の子もの)
他に買うべきものは沢山ある・・でも迷っていつも決めかねます。
ぎりぎりになって適当に揃えることにはしたくないけれど・・そうなってしまうかも。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。