続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにかならないものか
私がしてもらえた手術をできない方がいて・・
手術することなく移植を頑張っているのだけれども
どうやらまたダメだったようす・・。

彼女は私よりずっと若いのに。治療歴もけっこう長いのに。
いい卵はしっかりいくつもできるのに
着床できないなんて。
このまま何も処置しないで移植を続けること・・どうなのかな・・。
卵がもったいない気がします。

ちょっと違う病気の手術をした同い年のうんと応援したい人も
この前移植をして・・アウトでした。
この方もいい卵はできてるのに・・着床ができません。

こういう話を次々聞くと・・前もつぶやいたような気がしますが
代理母の制度・・どうにかできればいいのに
ととても考えます。

妊娠することは・・それはもう楽しく幸せなこと。
法律と私の体が問題なければ
代わりにいれたげたい・・ように今は思えるのだけれど・・
どうなんだろう。。考えが浅いか・・?
実際そういうことになったら
何がなんでも守らなくてはいけないという
ものすごい重圧を感じておかしくなったりするかな・・。

思うところはいろいろあるのですが
まとまらないままなんとなく・・置いておきます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。