続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26w6d
せっせと歩いて健診に行ってまいりました。
(汗をかいたせいかなかなか採尿できなくて困った!)

本日の担当は穏やかな雰囲気の男の先生。
先日ヤダなと感じた女医I先生は避けてみました。

Weredaの軟膏で大分ましになってはいるのですが
まだ広範囲に赤くひりひりしているお腹の汗疹を見せ
塗り薬をいただけることに。
「あ、痒そうですね・・ステロイド出しますね。
皮膚に塗る分には問題ないです。薄く塗ってください。」
「はあい」
リンデロン
リンデロン、です。やはりステロイドってこわい気がしますね・・。
アトピー性皮膚炎だった私、そんなに抵抗はないのですが
胎児に影響・・ほんとにないのかな?
妊娠線用のオイルなどと併用しても別によいと言われましたが
大丈夫なのかしらん?なんだかちょっと不安です。

お腹のちびくんは今日も元気でした。
「いわゆる逆子という状態になっています」
「そうなんですね・・」
蹴る場所が変わったのでなんとなくわかっていましたが
やはりひっくり返っている様子。
今の時期は特に問題ないようで何の指示もなかったのですが
不妊から妊婦仲間に教えていただいている
猫のポーズやら尻尾を見るポーズでもしてみるとしようかと。

「体重は今ちょうど1kg超えたくらいですね」
うんと小さい小さい卵だったのに・・と思うと感無量でした。
帰って調べてみたら標準よりすこし大きいようです。
夫も私もそう大きく産まれてきてはいないのでこの成長ぶりは不思議。
・・栄養過多なのかな?

採血もありました。今までしていなかった貧血だとか
ATLだとか血糖値だとかを調べますとのこと。

採血ルームで夢クリでやっていたように
グーパーグーパーしてからにぎってはい、と腕を出したら
「まだ握らないでください」などと言われたり
要領悪く刺されたりして・・やあねへたっぴ、とこっそり思いました。

本日のお会計はクーポンで引いても6,300円。
健診は次から2週間おきになるのだそう。
様子がわかるのは嬉しい。
出不精ですが産院通いはそんなに苦じゃないみたい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

どうも近頃は気力がなく寝てばかりおります。
湿度にやられているのかなあ・・。
メールいただいてるのにお返事できていない方・・申し訳ありません。
もうしばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。