続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5W1D 胎嚢確認
E2・・・327 P4・・・0.6
胎嚢確認できました。
内診で何かが見えた時点で流れてしまってないことに感動。
でも先生はほぼ無言。院長だったかどうかもよくわからないくらい。
あれ?何か問題が?それとも機嫌か具合が悪い・・?
びくびくしつつ今回も夫連れで診察室へ。

「形がね・・あんまりよくない。ひんまがってるね。ピーナツ型しとる。」
・・たしかに縦長でちょっとくぼんでます。
「血がでてるんやね・・これが出血層(赤いペンでぐりぐり)。
この位置だと絶対安静ね」
「痛みが時々あるのですが・・」
「痛みはこれとは関係ないでしょう」
「あの・・これってどのくらい不安な状態なんでしょう?」
「まだこの時期はしっかり着床してないんでね。
血で流される場合も考えられるからね。安静にしとってね。」
夫の顔も時々見て説明していただけました。よかった。

看護士さんに注射していただいたあと・・
安静生活の注意事項が記載されている用紙を渡され
説明を受け・・その後質問タイム。
「あの・・この安静期間っていつまでなんでしょう?」
「紹介状が出るまでですよ。あと一ヶ月ちょっとくらいですね。」
「うわ・・そんなに長いんですね」
「赤ちゃんも頑張ってますからお母さんも頑張ってくださいね。」
え?・・・今おかあさんて言った?
びっくりして考えていた質問がいくつかすっとんでしまった私。
「他何かありますか」
「え・・えーと・・(なんだっけ?)あ、葉酸てのんでもかまいませんか?」
「妊娠された方は一切そういうものはやめてください。」
ここ夢クリは徹底してサプリメント否定主義のようです。
・・いそいそ買ったんだけど・・無駄だった?。

3Fで中間判定日にも構っていただいた優しい方二人に
不安要素を打ち消す言葉をたくさんかけてもらい、お会計へ。

本日の会計 11,910円
・・・注射が高いみたいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。