続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人目、は当然?・・No!
マンションを購入するにあたり
営業担当といろいろ話をしているわけですが・・
「もうひとり増えた場合それでは不便です!」なんて
何かというと強く口出しをされることが
どうしてもひっかかってしまっています。

黙ってにっこりしながらこう思っていました。
ひとり作るのがどれだけ大変だったかわかる・・?
9年かかってるのよ・・お金もうんとかかってるのよ・・
あなたが二人の子持ちだからって
二人いることをスタンダードだとしないでもらえる・・?

でも・・まあ・・そういうのがあの年代の(40代後半~50代くらいか?)
一般的な人たちの考え方なのでしょうから
特に目くじらをたてることでは・・ない・・。

他にも意見の押し付けがひどい担当者、
私が気になっていることや質問にはまともに答えてくれず
余計なおしゃべりばかりが多いため
もうちょっとしたことも話したくない・・と強く思い
担当替えをしてもらう予定にしています。
もうここまできたらそう話をすることもないのですが・・。

今月中はまだ何度かモデルルームに出向く予定。
これ以上苛々することがないといいけれど。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。