続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと段落。
人生最大の衝動買いのバタバタはなんとかひと段落つきました。
週末からここ数日は契約と即断の必要なオプションの選択などしておりました。
(個人的連絡・・
不義理している方々たいへん失礼しました。
ちょこちょことメールのお返事などしていくつもりでおります。
とりいそぎご報告まで。)

ちなみに現在の関心事や悩み事は次のとおり

・治療仲間達の動向+「不妊から妊娠」仲間達の育児スタート状況
・自分の出産準備品、大物の購入について
・乳幼児に明らかに悪そうなシックハウス症候群への対策
・近親者や友人への妊娠報告をどうするか
(実は未だにごく一部の関係者にしか報告していないのです。
夫の親(!)を筆頭とした不妊治療中に関係が悪化した人々などには
もうここまできたら出産後報告の方がいいような気がしています・・。)

私の出産は里帰り出産ではないのですこし不安があります。
片道2時間弱かけて通いで70過ぎの母親が来てはくれるけれど・・
夫もある程度は休んでくれる予定だけれど・・あてにできるかわからない。
「一体コウノトリはどこに・・」のBOOさんにならい区役所で相談してみようかしらん。
住んでいる場所によるようですが便利なサービスがあるみたいですね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

(以下は出産直前の方はご覧になりませんように)
数年前、不妊治療が得意で分娩もやるという
そこそこ名の知れた病院で筋腫核出術を受けたのですが
その入院中・・生まれたての赤ちゃんが夜中に突然亡くなるという
事態に遭遇しました。
染色体異常だったのだろうと思われます。

あ、この人は不妊明けなのだろうな、というのがよくわかる
出産当日のものすごい喜びのようすも見ていたため
その突然の不幸に衝撃をうけ、ただただ他の入院患者と同じく
息をひそめて様子を伺っていたことを今になって思い出しています。
ご夫婦の・・特に母親のそれはもう悲痛で聞いていられない
泣き叫ぶ声が個室の壁を抜けて夜の間ずっと廊下に響き渡っていました。

だから何?って話ですが・・
不妊から妊娠組にはこの手のことは
まったく考えられないことというわけではない、ので
自分も含め出産後の状況というのがとても気にかかります。
様子のわからないお仲間の皆さん・・お元気なのかな・・。
でも何かあってそれを知ったとしてもなんともなりはしない・・か。

縁起でもない話・・たいへん失礼しました。
(どうも・・最悪の事態をまず想像してしまうくせが抜けない私です・・)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。