続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経一面
不妊治療の高額費用に苦しんだ(苦しんでいる)皆さんご覧になりました?
「民主が公約追加・修正」と大きな文字であり・・
そのすぐ下に「不妊治療に保険適用も」とありました。
ずっとずっと願ってきたことが・・もしかすると叶うのかも、です。(甘いかな)
「保険適用の検討」なので検討するだけかもしれないけれど。

(私個人的には・・不妊治療すべてを保険適用にする必要はないという
考えを持っています。・・TESE対象だったり何がしかの事情があって
授かることができない人や不育症の人は救うべきだととても思うけれど
自然妊娠が可能な人までも救うことはない気がします・・。)

先日出たばかりのマニフェストでは子供に恵まれない世帯への
恩恵がないうえ、一部負担増になる、それはおかしい、と
かなり批判されたためのよう。メールもずいぶん届いたんでしょうね。
(有名不妊ブログの方が意見出されてましたね・・)
マニフェストを修正すると聞いた時には
なんていい加減で考えがぐらぐらな党なのかしら、と思いましたが
本当に現実化するのであれば、柔軟な対応だ、と評価できなくもない・・です。

・・支持するかどうかはまた別問題だけれど。
うーん・・誰もが納得する素晴らしい政策って作れないものなのかしらん・・。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。