続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34w0d 健診+術前検査
お腹の張りや痛みがひどく気になったので産院に行ってまいりました。
「卵巣が腫れたりしているのでは?」なんて申し立てたため
わりと詳しく診ていただきましたが、これといって問題はないようでした。
かなり痛いと感じたのだけど・・
合併症になったらどうしよう?転院先は?
などいろいろ悪い想像をしたのだけれど・・
とりあえず、クリア、です。
しかし変わらず居座るこの痛みはどうしましょうね・・。

今日の赤ちゃんのようすはこちら。
BPD(児頭大横径):8.69cm
FL(大腿骨長):6.39cm
AC(躯幹周囲長):27.6cm
AFI(羊水指数):14.5cm
EFBW(推定体重):2162g

順調な数値のようです。
特に大きくも小さくもないそう。

私の数値はこちら
子宮底長・・・30.5cm 腹囲・・・88cm 血圧・・・114/70
浮腫なし 尿蛋白- 尿糖- 体重+0.5

子宮底長やら腹囲やら・・すこし下がってます。変です。
こういったものは計る人の匙加減で狂うのでしょう。
体重は初診時から+7kg。
最後一気に増えてもこのくらいなら許容範囲・・?

この前かかった先生には
「帝王切開でも逆子じゃないほうがやりやすいから直してね」
と言われたのですが、今日かかった先生には
「いや、帝王切開だと逆子の方がラクだよ。足引っ張れるし。
無理になおさなくていいよ」
なんていわれてしまいました。
先生によって言うことが違うと面食らいます。
今日の先生のおかげで逆子体操をする気はすっかりなくなった私です。

医師「で、術日はどうしますか?」
私「え、あ・・・どうしましょう。どっちがいいでしょう」
医師「どちらでもいいですよ」
私「うーん・・じゃあ・・こちらで。」
ここ数日の痛みのせいで早く出した方がいいような気がして
なんとなく予定外の早めの日にちを選んでしまいました。
いわゆる出産予定日より15日も早いのだけれど・・大丈夫かしらん?
気が変わったら変更することも可能だそうなので
とりあえず決めておいて・・体調次第で変更することにしようかと。

予定を早めた関係で術前検査(心電図やらいろいろ)を
もう今日やってしまうことになり、ばたばたっとしてまいりました。
耳をちょっと切られたりするの、もう3度目です。
入退院や手術、必要な書類についての説明などもしていただきました。
急に出産が目の前にやってきたような気になっております。
もうぼやぼやしてはいられなさそうです。

疲れたので詳しい話はまたいずれ・・(できたら)。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
夫、初めて産院の診察に付き合いました。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。