続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院してまいりました
18日に退院いたしました。
ただ小さい人の「おっぱいおっぱい」攻撃と
シルバーウィーク+オット夏休み取得のため
落ち着いてひとりでパソコンにむかうことが全くできません。
お産の記録をつけたいのに頭から抜けていきそう・・。
今少しチャンスができたので覚書です。

入院した日に前駆陣痛というのを経験しました。
NSTの機械にかかりながら
NST
前駆陣痛中じゃあまり意味ないかな?と思いつつ
治療中の仲間のためのおまじないとして
なんとなく富士山の絵を数枚描いてみたりしました。
助産師さんが
「今日はお産が立て込んでるからもうちょっと待って」
とお腹の赤ちゃんに言っていたのが面白かったです。
お腹の赤ちゃんはちゃんと言うことを聞いたようで
慌てて出てきたりはしませんでした。

出産当日もお産が立て込んでいたようで院内バタバタしていました。
予定帝王切開組は緊急の人に抜かされてしまいます。
昼の予定がどんどん過ぎて・・「あのーお腹が空きました」なんて
点滴をしてもらう妙に手術慣れした私・・。

術前の説明で医師に「横切りにしてください」と言いました。
不妊治療で太り、二度も手術でちょこちょこ穴を開けられ
これで縦に目立つ傷をつけられたのじゃ
女性として悲しすぎる・・なんて思ったためです。
「二人目産む時には縦にしか切れなくなっちゃうかもしれないけど
それでも横にします?」
とあまりいい顔はされませんでした・・。
先生・・二人目だなんて簡単に言ってくれるけど
陽性までもっていくのってそれはもうものすごく大変なんですよ・・。
(その先が大変な人だっていっぱいいる・・)
なんて思い少々不機嫌に。

で、手術です。帝王切開の半身麻酔は
思っていたよりも痛い感覚がしっかりありました。
(部分麻酔の採卵も他の人より痛がった私、
痛覚が鋭いのか薬の効きが悪いのか・・)
いろいろ思い出すこともあったため、術中は
ずっとだらだらめそめそ涙を流しておりました。
麻酔医が心配したのか追加で薬を打ってくれたようで
二人の医師の話す声があまり聞こえなくなってしまいましたが
意識はずっとしっかりありました。
手術の時間は一時間ちょっとくらい。
(通常はもっと短いはずです。
私は出血が多く癒着もひどかったので処置が多かったよう)
赤ちゃんは前半15分もしないで出てきました。
紫色のぬるぬるした物体を近くで見せられ感動よりも正直ぎょっとしました。
泣き声でしっかり生きていることはわかったのですが
大丈夫なのかしらあんな色で、と少々不安に。
(「紫ちゃん」はすぐに「赤ちゃん」に変貌。
生まれたてはそんなものだと助産師さんから説明してもらいました)
処置がまだまだ続きそうだったので
赤ちゃんを外で待っている家族に見せたげてくださいとお願いし
自分はお腹をいじられながらこれでついに不妊が終わったんだ・・
と今までのことを思い返していました。
あとで知りましたが赤ちゃんの逆子は直前に直ったようだとのこと。
NSTの最中に急に聴こえなくなった瞬間があったので・・あの時だな、と。
すこし下めに切ってよかったなどと言われました。

・・だらだらと長いですね・・ちょっとはしょりましょう。
さて何を記録しておこうかな・・。

手術当日の夜は母子同室を無理にしなかったこと
おっぱいマッサージがひどく痛く母乳育児を諦めそうになったこと
個室に移ることができ嬉しかったこと
個室
二年以上も会っていない夫の母親がやってきて三時間も居座ったこと
これから先の付き合いを考えてひどく憂鬱になったこと
突然胸がずん、と重くなりミルクタンクになったのがわかったこと
搾乳がすこしずつできるようになり面白くなったこと
搾乳
あまりにおっぱいが張るので「おっぱい食」という特別食にしてもらったこと
(ものすごく薄味で健康的でした)
おっぱい食
不妊から妊婦仲間、夢クリ仲間が訪ねてきてくれて嬉しかったこと
検査したところによると赤ちゃんはしっかり耳が聴こえるようだ、ということ
「母乳実感」の哺乳瓶に「母乳相談室」のSS乳首をつけることが可能だということ

出産して10日ほど過ぎた現在思っていることは
悪露っていつまで続くのかしらん・・(まだしっかり赤いのです)や
しょっちゅうおっぱいのませてるけれど足りてるのか多すぎるのか
どうやったらわかるんだろう?赤ちゃん用はかりを買うべき?や
HIBワクチンうまく打たせられるだろうか?なんてことです。
(一応生まれた産院でやってもらえることはわかりましたが
予約するのとスケジュールを組むのが大変そうなのです)

赤ちゃんはとてもかわいくて・・ここに存在している、ということ自体が嬉しく
どんなに怪獣になってももう嫌!なんてことは今のところ思いません。

泣き出しかけているのでかまってきます。
おっぱいかな・・。
(おっぱいの傷にはランシノーという軟膏がオススメです。)

こちらのブログは出産までの記録にするつもりでいたのですが
とりあえずひと月は続けようかと。
また別に育児ブログを立ち上げるかもしれません。

ひとまずお礼を・・
これまでずっと応援してくださった方、有難うございました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト

コメント

ウィリさん、こんばんは^^

お体の具合はいかがですか?
可愛い赤ちゃんと一緒だと傷の痛みも薄まるのでしょうか^^

出産の様子が垣間見えて参考になります。
予定では無麻酔ですが、
産むまで無麻酔か、普通か、帝王切開かわかりませんので。
出産した方の感想はとても勉強になります。

また育児ブログ楽しみにしています!
待ちに待った赤ちゃんとの生活めいっぱい楽しまれてくださいね^^

それとランシノーというお薬チェックさせていただきました。
とても良さそうなので産後にトラブルがあったら使ってみます!
[2009/09/23 20:09] URL | NAO #- [ 編集 ]

NAO様
NAOさん正期産突入おめでとうございます。
自然分娩できますように。(やっぱり帝王切開は痛いと思う)
今のうちにお乳のマッサージ、頑張っておくといいですよ!
それなりに出るまでの痛み、かなり厳しいものがありました。
ランシノーは赤ちゃんがなめても大丈夫な軟膏だそうです。オススメ。
[2009/09/24 00:10] URL | ウィリ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。