続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王切開費用など
雨風が吹き荒れる中・・
産院にお願いしていた保険会社に提出する診断書が郵送されてきました。
入院(手術)の原因となった傷病名に「切迫子宮破裂」とあり
少々びっくり。んー?そうだったの?
経過のところには下記のように記載。
「体外受精後の周産期管理目的で前医より紹介となる。
子宮手術歴があるため選択的帝王切開とし、複式帝王切開術施行となった。」
・・そう・・そういうことだったと思いますが・・「切迫」?
まあ、書類が通ればいいのです。

そういえば費用についてなどまだ記していませんでしたので
どなたかのご参考までに載せておきます。

保険適用の手術料だとかが120,510円
適用外の塗り薬だとか耳の検査費用が4,000円
分娩管理料:190,500円
胎盤汚物処理料:10,000円
新生児管理料:135,000円
衛生材料:6,000円
途中からの室料差額:80,000円
文書料:5,000円
このほか消費税がプラスされ
合計請求額は556,980円
でした。

出産一時金38万がはいるし・・
民間の保険会社から手術給付金や保険金も日額でいくらか出る。
やはり不妊治療の費用がもっとも厳しかったなあとつくづく。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。