続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読破
ギネ原作本「ノーフォールト」読みました。
これって現代医療への問題提起を目的とした作品だったんですね。
不妊系のことは何も書いてありませんでした。
書いてあったらまたいろいろ思うところが違ったでしょう・・。

現役医師が書いたものだから当然なのでしょうが
医者視点、医者寄りの内容だなあ・・という感想です。
大学病院はあんな感じなのでしょうか・・・。ほんとかな。
私、つい一ヶ月半前、NICUの設備もしっかりある病院で
「カイザー」(グレードD)の真っ最中、医者達
(まつげエクステばしばしの女医と鼻の下長くした偉そげ医師)
が何やらおしゃべりしながら私の体内をいじくっているのを耳にして
不快に感じたばかりなので、産婦人科医が過酷な労働条件の中
必死で患者のために頑張ってる、なんて到底思えないのですよね・・。
たまたま私がかかったところが余裕があったのかもしれないけれど。

でもまあそこそこ原作は面白かったです。
それと比べるとドラマはずいぶんとバタバタしているし
脚本があまり良くないように思うので
(どうしてあんなに変にいじる必要があるのだろう・・?)
もう真剣に見るのはやめておくつもりです。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。