続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会へ
待降節第一主日というわりとおめでたい日である本日、
お宮参りのキリスト教版とでもいうのでしょうか
私の親が毎週通っているプロテスタントの教会で
(私が婚約式を挙げたところでもあります)
ちびすけに幼児祝福の祈りというものをしていただいてきました。

牧師にすぐそばで大声で讃美歌を歌われても
大勢の知らない人達によってたかってほっぺたを触られても
ちびすけは動じず泣くこともなくいい子でいてくれました。
多くの方々に祝福され祖父母も大喜び。
幸せな時間だったと思われます。

問題は私の精神状態。

詳しくは載せられませんが
不妊治療中も、そのあとも(ほんというと結婚してからずっと)
無神経なことばかりされてきた夫と夫の家族から
有難うもごめんなさいも言ってもらっていないことが
私はどうしてもどうしてもひっかかっています。
無神経なことしかできないのは持って生まれた性質上
仕方がないのかもしれないけれど
人を傷つけたとわかったら謝ることくらいするべきでしょうに。
大本の不妊因子があった側が
労いの言葉くらい言うべきでしょうに。
どうしてそういうごく当たり前のことができないのだろう・・・。

どうして・・そんな人達にちびすけを奪われた状態で
写真に納まらなくちゃいけない・・?
そう、奪われた形で写真に撮られたりなどしたのです。
私の親はにこにこと気を遣いっぱなし。

あなた達はこの子を得るのに邪魔しかしてこなかった。
もう十分でしょう?私の痛みの子、返して!

そう言ってやりたかった・・。
もちろんそんなことは言えやしませんでした。
無神経な人はずっと無神経。
気を遣う人間ばかりが馬鹿をみるように思います。
ああしんどかった・・・疲れました。

自立できたらちびすけと二人でどこかに去るのに。
なんてことをぼんやりと思います。
戻ってくる生理の痛みの度合いでまた考えようかな・・。
出産ですっかり軽くなっていればいいけれど。

こんな記事載せない方がいいかもしれませんが
置いてしまいます。えい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。