続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムナシイ
帰ってきた夫がちびすけに構いながら
「俺のやもんね~」などと言っているのに対し、
日曜の余韻かそれが非常に癪に障った私、
低い声で(私の声は普段は高いです)「違う」と抗議。

声色で何か異質な雰囲気を感じた夫
「○○(私の名)のでもあるけど俺のでもあるやんか。」
「…。(子供は所有物などではないぞ)
うんと痛い思いをしてきた私に対し
有難うもお疲れさまもよく頑張ったも
まるで言わない人なんて認めない。」
ずっと堪えていた不満をぶつけてみました。
(しばしの沈黙の後)
「言ってへんかった?あれ?なんでやろ。
○○はよく頑張ったよ。
変やなあ・・
あの時は『有難う』を言おうと思って
準備してたはずなんやけど。」

がっくりしました。いい加減慣れて諦めてはいますが、
言葉も態度もこの人は足りなさすぎます。
(準備というのにもひっかかりが。
どうして自然に言葉が出ないのか?
思っていないのと一緒じゃないの?)

やっとすこしは気持ちがあったことはわかったけれど
こんな風に無理矢理言葉を引き出したって
ただ空しい思いがするばかりです。

そんな今日はもう出産後81日目。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。