続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩に報告
今日は・・
私が無駄なAIHをやっていた頃に親身になって相談に乗ってくれ
KLCや不妊ヨガ教室を教えてくださった先輩
(KLCや北九州のセントマザーで合わせて40回近くも
移植経験があるなんていうものすごい頑張り屋の方です。
KLCでは特にT元せんせがいいと教えて下さったのもこの方。)
にお目にかかれ、「やっとうまくいきました!」の報告ができました。
「まあ!よかったですね。ほんとによかった!」と手を強く握りしめて
言っていただけ・・それが嬉しくてそれはもう感激したことでした。

その方は中期になってからダメになってしまった経験があるようです。
(現在はかわいい二人のお嬢さんもちです。)
「中期だからといって無理なんてしないでね。」とおっしゃいました。
・・・はい。重く受け止めます。
お腹の中にいるのは、「貴重児」なのでした。普通の人とは違う。
そのことを忘れずに気をつけましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。