続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私信のようなもの
応援していたブロ友さんに良い感じのβ-hcgの値が出たようす。
おめでとうを言うのはまだ気が早いかな・・でもおめでたい!
このあとぐーんと数値伸びていきますように。

いろいろ思って全員にお声がけはできていませんが・・
何人もいらっしゃる足踏みを余儀なくされている方々も
こっそり応援しています。
意味のある足踏みってあると思うんですよね・・・。
良い方向へすすめますように。

私はKLCと夢クリが技術的に一番だと信じて居座ったけれど
それが本当に正しかったかどうか・・近道だったかどうかは
正直ちょっと疑問に思っています。
もっと早い段階で刺激法で卵をたくさん作って・・
痛い思いをしないですむ全身麻酔で採っておいた方が
リスクはあっても心身共にラクだったのではないかな、と。
卵貯金もたっぷりできたでしょうし。
何より結果が早く出て・・今みたいな「絶対不妊」の身体になんて
ならずに済んだに違いない・・。
(私はそうなってしまってます。かなりの確率で治療のせい。)

・・何が言いたいか・・?非常にわかりにくいですが
転院には賛成です、なんて話だったりします。
しんどい治療にめげて今転院を迷われてる方、
時間は無駄にしちゃいけません・・。うんとよく考えてから
いろんなものが壊れる前に決断するのが正解かと。
よそで試して戻ってくるのもアリです。

何人かあての私信のような記事でした。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。