続 いつの日か,優しいママに。
プロフィール

ウィリ

Author:ウィリ
7年不妊治療をしてきた人間のおそるおそるの初ニンプ生活の記録と幸せな育児生活、突然死以降の日々の記録です。
コウノトリ待ちは2000年の結婚より(27歳)。治療開始は2002年から。2009年9月上旬に予定帝王切開で出産(36歳)。
このうえなく幸せな育児生活を五ヶ月間させてもらった後、
突然天使ママになりました。
まだ何が起こったのかよくわからずにいます。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親学級へ
産院の母親学級へ行ってまいりました。
内容は本や雑誌に書いてあることばかりではあったけれど
夫と一緒にそういったことを聞くことにはまあ意義があったかと思います。

新婚旅行にいけなくて残念だった!なんていう人もいる中、
何組か赤ちゃん待ちをしていたという人たちがいたけれど
ただ待っていただけじゃないかな?という体だったので
自己紹介で特に不妊治療については言いませんでした。
年齢については・・そう違和感は感じませんでした。
大方は下なのでしょうけれど。

会の終わりの方で絵本の朗読の時間がありました。
あの有名な『わたしがあなたを選びました』です。
私はこの本の内容にはとても抵抗があります。
身勝手な親を啓蒙するための内容と理解はしているけれど
「選びました」という言葉に傷つく人が多くいることを
あの本を優れた本だとする人達は考えたことがあるだろうか。

そこにいたのはみな妊婦だとはいっても
天使ママもいるかもしれないのだし
これは強制的に聞かせるべきものじゃないと思うわ・・
なんてことをぶつぶつ思いました。
(ひねくれ者と思いたい方は思ってけっこう・・)

先日数値的に着床したブロ友さん・・先へ進めなかったよう。
とてもとても残念です。
ほんとにどうしてなんでしょう。
神様の計画は我々にはわかりません。
次こそは先に進めますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。